私が無痛分娩を選んだ理由

本記事の対象者

・無痛分娩に興味がある人

・無痛分娩を考えている人

・パートナーが出産を控えている人

こんにちは~!ふな妻です!

ただいま第二子妊娠中です!(9月出産予定)

第二子だからなのかもうお腹が大きくなってきてるような?

妊娠前からこんな感じだったような…?

これから順調に育ってくれるといいな!

第一子の長男は通常分娩で産みました。

通常分娩を経験して、

「次に妊娠して出産することがあれば無痛分娩がいい!

と思っていました。

第二子の妊娠が分かって無痛分娩できる産婦人科の予約をとりました。

通常分娩を経験した私が、どうして無痛分娩を選んだのか、理由を書くので今後出産予定のある方は参考にしてみてください!

目次

無痛分娩を選んだ理由

無痛分娩を選んだ理由は3つです。

あんな痛い思いもうしたくない!

長男を出産したとき、本当に痛かった!

もう象にお腹を踏まれているようだし陣痛と陣痛の間に痛くない時間があるって聞いてたはずなのにずーっと痛かった。

助産師さんに

「歩いてみる?お産進むよ!」

と言われましたが私は、

「は?歩けるわけないだろ!」

と思って歩きませんでした。

無理なんです!痛いんです!

陣痛中に絶対に2度と妊娠なんてしないと決めました(笑)

出産直前には痛さで意識朦朧としてくるし、早くこの痛さから逃れたくて陣痛が来てないタイミングでいきんでお医者さんに怒られました。。。

こんな経験は一度で十分だな~と思いました。

あと今の時期、コロナ禍でひょっとしたら立ち会い出産ができず一人でのお産になってしまう可能性もあります。

私にはあんな痛い出産を一人で戦い抜く勇気はありません。

前回も夫がいたからこそ最後までどうにかなりました

夫の賛成

長男出産のときは夫がずっと付き添ってくれました。

陣痛の痛さに私が耐えきれず、夫の腕を引っ掻いたり私のすさまじい形相をずっと横で見ていたりしたので私が「無痛分娩がいい!」と言ったときに「いいんじゃない?」と後押ししてくれたんだと思います。

無痛分娩は通常分娩よりお金が5~10万円かかるといわれています。

もし夫に反対されてたらどうしようと悩んだだろうな~。

後押ししてくれて本当によかった。

やってみたい!

純粋に興味があるからです。

「無痛分娩ってどんな感じなんだろう?」
「本当に痛くないの?」

せっかくもう一回出産するチャンスがあるなら無痛分娩もやってみたい!と思いました。

どんな出産になったかは無事に第二子を産んでからブログにまとめたいと思います。

無痛分娩を選んで気になること

こんな感じで第二子の出産は無痛分娩にすることに決めました。

でも「これでいいのかな?」と思うこともあります。

私が1番気になるのは計画分娩になるということです。

病院選びをするときに自宅からの距離を優先して探しました。

3つの病院の候補がありましたが、どの病院も計画無痛分娩のみでした。

私が無痛分娩がいいからという理由で計画分娩にし、第二子の誕生日を決めてしまうことに抵抗があります。

帝王切開などは赤ちゃんや母体の安全を考えて計画分娩になるのであって、私の思いだけで計画分娩にするのはどうなんだろうと思いました。

今でも「いいのかな?」とモヤモヤしますが、第一子がいての出産で計画分娩の方が夫や両親、義両親も予定を立てて動きやすくなるので「これはこれでいいのかな?」と思います。

あとは、「麻酔の注射痛くないかな?」「吸引分娩になっちゃうかな?」など気になることもありますが、

これらはあの恐ろしい陣痛を経験するくらいなら受け入れよう!という気持ちです。

まとめ:無痛分娩を選んだ理由

私は、第一子で陣痛を経験し、第二子は無痛分娩を選びました。

第一子から無痛分娩でもいいと思います。誰だって痛い思いはしたくない!

無痛分娩を考えている人の参考になればと思います。

また無痛分娩体験記事をお楽しみに~!

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる