出産退院後の悲劇(ふな子の入院)

こんにちは~!ふな妻です♪

今、ふな子は1歳半でとっても元気な男の子です。

恐怖心があまりないのか、遊具の高いところから平気で飛び降りようとしたり、足元を見ないで階段の昇り降りをしたり、私はいつもハラハラさせられています。

そんな元気いっぱいなふな子ですが、実は生後9日目で5日間ほど入院したことがあります。

初めての子育てで、産院を退院してすぐのことだったので夫婦そろっておろおろしました。

こんなこともあるんだということを知ってもらいたいなと思い、当時の記憶とメモを参考に紹介します!

本記事の対象者

・出産を控えている人

・出産を終えて入院中の人

・最近、産院退院した人

・産院退院後、赤ちゃんの様子が心配な人

目次

産院退院後

ふな子が産まれた後、母子ともに6日間産院に入院して自宅に戻りました。

入院中は母乳をごくごく飲み、ミルクを足すことなく体重も順調に増えていきました。

病院からは、

「完母(完全母乳、母乳だけでよい)で問題ないね」

と言われたので、ふな子が産まれた後も哺乳瓶を買いませんでした。

退院後は初めての子育てなので分からないことばかりで必死でした。
そのなかで、

  • おっぱいの吸いつきがあまりよくない。
  • 顔色、白目が黄色い。
  • 授乳直後でも1時間くらい泣いて寝付かない。

これら3つのことが気になっていました。

退院から3日目の7時頃にふな子を抱っこしたらふな子がぽかぽかしてる!

熱を測ったら38.6℃でした。平熱超えてる!!

涼しいところに連れていき、水分補給で授乳してもやっぱり38℃を超えていて、近い病院を紹介してくれるところや産院などに電話しました。

朝早い時間ということもあり、近くの市民病院に行くことにしました。

市民病院に着いて、熱を測ったら39℃もあり、とても心配になりました。

そこから血液検査したり、レントゲン撮ったり、鼻に綿棒入れられたり、たくさん検査をしました。

昼前にようやく小児科の先生が来て、

低血糖なこと
ひどい脱水なこと
黄疸もひどい
産院退院時よりも体重が減っていたこと

を伝えられ、原因がなにかわからないから検査をたくさんすると言われて即入院することになりました。

ふな子入院

私もふな夫も入院になるとは思っていなかったので、すごく驚き、とても心配になりました。
入院してからは

点滴をして
髄液をとられ
3時間起きに血糖値を測るためにかかとに針を刺され
毎日毎日手の甲から採血され
点滴でお風呂もずっと入れず、点滴の痕が青あざになり

と、こんな小さいのに、まだ産まれて9日しか経ってないのに、本当にかわいそうでした。

また、黄疸の治療のために光線の出る箱の中に入れられました。

光線で目が悪くなってしまうので、目隠しのシールを貼られて、目の回りがぼろぼろにかぶれてしまいました。

ふな子は何が起こっているのかわからず暴れまくって体のあちこちをぶつけていました。

よくなるためにやってもらってるってことはすごく分かるけどかわいそうでした。

  

入院初日の夜、ふな子は泣かずに頑張っていても私が泣けてきました。

治るのかどうか不安だし、辛い思いをさせてるし、少しおかしいなって思っていたのに何でもっと早くどうにかしてあげられなかったんだろうとすごく自分を責めました。

でも、ふな子が熱を出して、体調不良を訴えてくれたおかげで病院に連れていき、すぐに治療してもらえました。

光線治療することで黄疸の値もだんだんよくなり顔色も赤ちゃんらしくピンク色になって、低血糖、脱水も、点滴とミルクを足したことで落ち着いてくれて熱も出なくなりました

先生は気を遣って直接的には言わなかったけど、
たぶん退院して環境が変わって私の母乳があんまり出なくなっちゃったんだろうな~
と当時も今も思っています。
それでふな子が母乳を飲めなくて、脱水、低血糖になり、排出できないから黄疸もひどくなったのではないかな?と。

産院入院中は体重が1日で60g、80gくらい増えて、すごく順調だったので母乳が飲めてないなんて考えてもいなかったです。

ミルクをあげたことがなく、哺乳瓶を持っていなかったのでミルクを足した方がいいかな?という考えも全くありませんでした。

入院して最初のほうは、ごめんねって気持ちでいっぱいだったけど、だんだんふな子と一緒に頑張らないと!!となりました。

もちろん私もふな子と一緒に入院しました。

ただ産後の入院と違って、付き添いという形なので、私のごはんは出ません。

そのため、私母、ふな夫母が1日2,3回来てごはん運んでくれたり洗濯してくれたりしました。

ふな夫もお仕事定時で終わらせて病院に来てくれました。

しかもこのときは新居のことも同時進行だったので一人でいろいろやってくれました。

みんなに助けてもらってふな子と一緒に頑張れました。

ふな子は結局5日間入院することになりましたが、そのおかげですごく元気になって、体重が入院5日間で300gくらい増えました

入院中は後遺症のことが気になり主治医に質問しました。

産院を退院してから3日目と短い間に異変がおき、すぐに気づいて病院に連れてきてくれたので、特に心配しなくてよいと言われました。

発熱に気づけてなかったら?と思うとゾッとします。

今のふな子はご飯を人一倍食べて、元気に遊びすくすく育ってくれているので、後遺症については心配はないのかなと思います。

まとめ

産院で完母でいいと言われても私のように退院してうまくいかないこともあるので入院中にミルクのあげ方、ミルクを足すのはどういうときかを聞いておいたほうがいいです

また、赤ちゃんの様子が少しでもおかしいなと思ったら、すぐ産院に電話することをおすすめします!

色々教えてくれて、助けになってくれます!

何もなかったならなかったで安心もできます(^^)

他にも、スケール(赤ちゃんの体重計)が自宅にあると体重の増減が分かるので、母乳を飲めているのかの確認もできます。

スケールは買わなくてもレンタルがあったり地域によっては自治体から借りることができますので調べてみてください。

特別な事例かもしれませんが、こんなこともあるんだと知っておくとよいかなと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる