住宅ローンを組む上での注意点!ふな家の失敗談!

人生で1番大きな買い物、1番の借金になるであろう住宅ローン!

「どこの銀行で組めのがいいんだろう」
「借入期間はどのくらいがいいんだろう」
「ボーナス払いってありかな?」

多くの人が住宅ローンを組む時、不安になると思います。

しかし、この時まだ無知だったふな家は、なんとかなるだろう精神でしっかり検討もせずに住宅ローンを組んでしまったのです

今だったら絶対やらない組み方ですね。(笑)

ふな夫が、投資や副業、ポイ活などに興味を持ったのは、この住宅ローンの失敗・後悔がきっかけです。

今回は、住宅ローンを組む時に注意すべきことをふな家の失敗談を交えながら紹介しますので参考にしていただければと思います。

本記事の対象者

  • 住宅ローンを検討中の人
  • いずれ住宅ローンを組む予定がある人
  • 失敗談を聞いて安心したい人(笑)
目次

住宅ローンを組む時の注意点

注意点4つを紹介します。

銀行選び

住宅ローンを組む上で、どこの銀行で組むかを決めなければなりません。

銀行によって、金利も違うし、団体信用生命保険(団信)の内容も違います

団信については保障内容、適用条件や費用などが銀行によって違うのでしっかり比較しましょう。

何千万と借金することになるので銀行選びはしっかり比較をして慎重に選びましょう!

ふな家の失敗談

まさかの何も検討せず、ハウスメーカと提携してる銀行にしてしまいました。

当時の私たちはお金のことをあんまり考えていなく、

「低金利だし、まあどこでも一緒でしょ!」

と安易な考えでした。アホです。

ローン期間

住宅ローンを組む上で、何年ローンにするかを決めなければなりません

月々の返済を楽にする為に期間を長くするケースがよくあります。

大体長くて35年だと思います。

何歳でローンを組むかにもよりますが、

例えば30歳で35年ローン組んだとするとローンの返済が終わるのは65歳です。

定年が60歳だとしたら今までよりガクッと下がった収入で5年間ローン返済しなければならないことになります。

その5年、危ないですよね。

また、期間が長ければ長くなるほど利息も増えていきます

住宅ローンの金利は、かなり低金利なのでそこまで大きく利息で損することはないですがちょっともったいないですよね。

ふな家の失敗談

ふな家は地獄の40年ローン、、、アホです。(2回目)

ボーナス払い

ボーナス払いのメリットとしては毎月の負担額を減らすことができます

しかし、会社の経営状態などによりボーナスがしっかりもらえない場合もあります。

今はコロナで影響を受けている人も多いのではないでしょうか。

そんな時ボーナス頼りにしていた支払いをどこからか捻出しなくてはいけません。

必ず払わなければならないローンを不確定要素の多いボーナスで払おうというのはリスクがあります

ふな家の失敗談

この話をするってことは、もちろんふな家はボーナス払いしてます。(笑)

ふな夫は比較的安定してボーナスがもらえるし、
ふな妻も公務員ということもあり、

まあ大丈夫でしょ精神であまり気にしていませんでした。

でもコロナのこともあり、いつかボーナスがもらえなくなる時が来てもおかしくないことを認識させられ、もっと考えるべきだったなと思いました、、、

アホです。(3回目)

住宅ローン、1人で組むか?2人で組むか?

夫婦で組むことで2人が住宅ローン減税を受けることができるメリットがあります

しかし、離婚や片方が働けなくなることがあると支払いや権利関係などが面倒なことになる恐れもあるので、よく考えて選びましょう!

ふな家の失敗談

ふな家の場合は、ふな妻の意向もあり、連帯債務型で住宅ローンを組んでいます

連帯債務型は1本の住宅ローンを主契約者(ふな夫)と連名(ふな妻)で契約するタイプです。

このタイプは住宅ローン控除がどちらも適用されるため節税効果にもなります

ですが、ふな家はここで過ちを犯していました。。。

ふな子が産まれることでふな妻は産休、そして育休に入ります。

その際、産前産後の給付金、育児休業給付金がもらえますが、これは非課税です。

つまり所得税がかかりません。

そのため、住宅ローン控除を受けようにもふな妻には控除する所得がないため控除のしようがないのです。。。

ふな妻分の住宅ローン控除が3年分くらい消えてなくなってしまうのです。。。アホです。(4回目)

住宅ローン選びはモゲチェックがオススメ!

住宅ローン選び、見直しには

モゲチェック

がオススメです!

多くの住宅ローンの中から団信の条件を加味して、一番金利が低いローンを選んでくれます!

ホームページも見やすいし、手続きも簡単に行えるのでぜひ活用してみてください!!

借り換えの際は、住宅ローン変更の手続き費用をしっかり加味して、お得になるなら変えない手はないですよ!

ぜひ、住宅ローン選び、変更の検討をしてみてください!



まとめ

住宅ローンはおそらく一生で一番高額な借金になると思います。

しっかりと資金計画を立てて、夫婦で話し合い、後悔のないように住宅ローンを組んでください

本記事を見て、

こいつらいくら借りてんねんと思った人
毎月いくらでボーナス月いくら払ってんねんと思った人

など、気になった人はこっそり聞いてください。(笑)

最後まで読んでいただきありがとうございました!

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ
にほんブログ村


よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる